【パステルアート】2本の木がある幻想的な風景の描き方

【パステルアート】2本の木がある幻想的な風景 パステルアート

 今回は、2本の木がある 幻想的な風景をパステルで描いていきます。

 描き方自体は、大きな木のある幻想的な風景の描き方を受け継いでいます。

使用画材

 この作品を描くにあたり、以下の画材を使用しています。

・マルマンスケッチブック図案シリーズ

・ヌーベルカレーパステル24色

・レンブラントソフトパステル

背景を描く

月を描く

 まずは、マスキングテープで固定します。

 ここでは、紙の4辺をテープで固定しています。

マスキングテープで固定
図1 マスキングテープで固定した様子

イエローを塗る

 次に、ソフトパステルのイエローを使って、円を描きます。

[word_balloon id=”7″ position=”L” size=”M” balloon=”talk” radius=”true” box_center=”false” avatar_border=”false” avatar_shadow=”false” avatar_hide=”false” name_position=”under_avatar” balloon_shadow=”true”]

 この時、いらない紙を丸く切り抜いておき、その中を塗りつぶすと綺麗に描けます。

[/word_balloon]
ソフトパステルで月を描く
図2 月を描いた様子

空を描く

ブルーを塗る

 次に、ハードパステルのブルーを、カッターナイフで削りながら紙の上にまきます。

 その後、指で粉末を広げながら紙に色が付くようにします。

[word_balloon id=”7″ position=”L” size=”M” balloon=”talk” radius=”true” box_center=”false” avatar_border=”false” avatar_shadow=”false” avatar_hide=”false” name_position=”under_avatar” balloon_shadow=”true”]

 この時、いらない紙で右半分を隠しておきます。

[/word_balloon]
ハードパステルのブルーを塗る
図3 ブルーを塗った様子

イエローを塗る

 次に、ハードパステルのイエローを、カッターナイフで削りながら紙の上にまきます。

 その後、指で粉末を広げて紙に色が付くようにします。

ハードパステルのイエローを塗る
図4 イエローを塗った様子

ネイビーを塗る

 次に、ハードパステルのネイビーを、カッターナイフで削りながら紙の上にまきます。

 その後、指で粉末を広げて紙に色が付くようにします。

ハードパステルのネイビーを塗る
図5 ネイビーを塗った様子

ブラックを塗る

 次に、ハードパステルのブラックを、カッターナイフで削りながら紙の上にまきます。

 その後、指で粉末を広げて紙に色が付くようにします。

ハードパステルのブラックを塗る
図6 ブラックを塗った様子
[word_balloon id=”7″ position=”L” size=”M” balloon=”talk” radius=”true” box_center=”false” avatar_border=”false” avatar_shadow=”false” avatar_hide=”false” name_position=”under_avatar” balloon_shadow=”true”]

 ここでは月にネイビーを塗っています。

[/word_balloon]

レッドを塗る

 ここから、右半分を描いていきます。

 まず、ハードパステルのレッドを、カッターナイフで削りながら紙の上にまきます。

 その後、指で粉末を広げて紙に色が付くようにします。

[word_balloon id=”7″ position=”L” size=”M” balloon=”talk” radius=”true” box_center=”false” avatar_border=”false” avatar_shadow=”false” avatar_hide=”false” name_position=”under_avatar” balloon_shadow=”true”]

 この時、先ほどの左半分は紙で隠しておきます。

[/word_balloon]
ハードパステルのレッドを塗る
図7 レッドを塗った様子

イエローを塗る

 次に、ハードパステルのイエローを、カッターナイフで削りながら紙の上にまきます。

 その後、指で粉末を広げて紙に色が付くようにします。

ハードパステルのイエローを塗る
図8 イエローを塗った様子

ピンクを塗る

 次に、ハードパステルのピンクを、カッターナイフで削りながら紙の上にまきます。

 その後、指で粉末を広げて紙に色が付くようにします。

ハードパステルのピンクを塗る
図9 ピンクを塗る

ブラックを塗る

 次に、ハードパステルのブラックを、カッターナイフで削りながら紙の上にまきます。

 その後、指で粉末を広げて紙に色が付くようにします。

ハードパステルのブラックを塗る
図10 ブラックを塗る

ホワイトで模様を描く

 次に、ソフトパステルのホワイトを使って、模様を描きます。

 描いた後は、指でぼかします。

[word_balloon id=”7″ position=”L” size=”M” balloon=”talk” radius=”true” box_center=”false” avatar_border=”false” avatar_shadow=”false” avatar_hide=”false” name_position=”under_avatar” balloon_shadow=”true”]

 この時、月の右半分にパープルをのせ、月全体にホワイトを塗っています。

[/word_balloon]
ソフトパステルで模様を描く
図11 ホワイトで模様を描いた様子

ネイビーとパープルで模様を描く

 次に、ソフトパステルのネイビーとパープルを、先ほどのホワイトの下に描き、指でぼかします。

ソフトパステルのネイビーとパープルで模様を描く
図12 ネイビーとパープルで模様を描いた様子

中心をホワイトでぼかす

 次に、絵の中心あたりにハードパステルのホワイトを塗り、指でぼかします。

[word_balloon id=”7″ position=”L” size=”M” balloon=”talk” radius=”true” box_center=”false” avatar_border=”false” avatar_shadow=”false” avatar_hide=”false” name_position=”under_avatar” balloon_shadow=”true”]

 理由は、中心の境目の明度差が広かったためです。

[/word_balloon]
ハードパステルのホワイトを塗る
図13 ホワイトを塗った様子

地面を描く

 次に、ソフトパステルのブラックを使って、絵の下を塗りつぶします。

ソフトパステルのブラックを塗る
図14 ブラックを塗った様子

植物を描く

 次に、ソフトパステルのブラックを使って、地面に植物を生やします。

ソフトパステルのブラックを使って植物を描く
図15 植物を描いた様子

木を描く

一本目の枯れ木を描く

 次に、絵の中心の右側に、ソフトパステルのブラックを使って枯れ木を一本描きます。

[word_balloon id=”7″ position=”L” size=”M” balloon=”talk” radius=”true” box_center=”false” avatar_border=”false” avatar_shadow=”false” avatar_hide=”false” name_position=”under_avatar” balloon_shadow=”true”]

 ブラックは色が強いため、最初は大まかに描きます。

[/word_balloon]
ソフトパステルのブラックで一本目の枯れ木を描く
図16 一本目の枯れ木を描いた様子

二本目の枯れ木を描く

 次に、絵の中心の左側に、ソフトパステルのブラックを使って枯れ木を一本描きます。

ソフトパステルのブラックを使って二本目の枯れ木を描く
図17 二本目の枯れ木を描いた様子
[word_balloon id=”7″ position=”L” size=”M” balloon=”talk” radius=”true” box_center=”false” avatar_border=”false” avatar_shadow=”false” avatar_hide=”false” name_position=”under_avatar” balloon_shadow=”true”]

 おおまかな形が出来たら、細かい枝を描き加えます。

[/word_balloon]
ソフトパステルのブラックを使って細かい枝を描き加える
図18 細かい枝を描き加えた様子

星を描く

 次に、ソフトパステルのホワイトと、ハードパステルのホワイトを使って、星を描きます。

[word_balloon id=”7″ position=”L” size=”M” balloon=”talk” radius=”true” box_center=”false” avatar_border=”false” avatar_shadow=”false” avatar_hide=”false” name_position=”under_avatar” balloon_shadow=”true”]

 私は地面付近に蛍も描いています。
 また、細かい星を描くときは、ハードパステルをカッターナイフで削りながら紙にまき、フィキサチフで固定すると良いです。

[/word_balloon]
ソフトパステルのホワイトとハードパステルのホワイトで星を描く
図19 星を描いた様子

完成

 最後に細かな調整と、流れ星を描いたら完成です。

【パステルアート】2本の木がある幻想的な風景
図20 2本の木がある幻想的な風景

まとめ

 今回は、背景を2色に分けて枯れ木を2本描く構図で製作してみました。

 半分ずつ描くためには、紙で左右を隠せば良いのですが、色合いを間違えると境目が目立ちすぎてしまいます。

 これを防ぐために、中心付近をホワイトでぼかす作業を入れます。

 これをすることで、とても幻想的な絵に仕上がるかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました