【パステルアート】星空と蛍の幻想的な風景の描き方【パステル画】

【パステルアート】星空と蛍の幻想的な風景の描き方 パステルアート

 今回は、パステルを使って星空と蛍が見られる幻想的な風景を描きます。

 大まかな手順は、空を描く→天の川を描く→家を描く→星を描く→蛍を描くといった感じです。

 大体の流れは大きな木のある幻想的な風景の描き方と似ています。

使用画材

・ヌーベルカレーパステル24色

・レンブラントソフトパステル

・マルマンスケッチブック図案シリーズ

背景を描く

空を描く

 まずは、画用紙を机に固定します。

 この時、マスキングテープで4辺を固定します。

マスキングテープで固定
図1 マスキングテープで固定

イエローを塗る

 ハードパステルのイエローを、カッターナイフを使って紙の上にまきます。

 その後、指で粉末を塗り広げ、紙に色を付けます。

ハードパステルのイエローを塗る
図2 イエローを塗った様子

ブルーを塗る

 次に、ハードパステルのブルーを、カッターナイフを使って紙の上にまきます。

 その後、指で粉末を塗り広げ、紙に色を付けます。

ハードパステルのブルーを塗る
図3 ブルーを塗った様子

ネイビーを塗る

 次に、ハードパステルのネイビーを、カッターナイフを使って紙の上にまきます。

 その後、指で粉末を塗り広げ、紙に色を付けます。

ハードパステルのネイビーを塗った様子
図4 ネイビーを塗った様子

レッドとブラックを塗る

 次に、ハードパステルのレッドとブラックを、カッターナイフを使って紙の上にまきます。

 その後、指で粉末を広げ、紙に色を付けます。

ハードパステルのレッドとブラックを塗る
図5 レッドとブラックを塗った様子

パープルを塗る

 次に、ハードパステルのパープルを、先ほどのレッドの上にまきます。

 その後、指で粉末を広げ、紙に色が付くようにします。

ハードパステルのパープルを塗る
図6 パープルを塗った様子

 ここまで塗ったら、このような不安が湧きあがります。笑。

[word_balloon id=”7″ position=”L” size=”M” balloon=”talk” radius=”true” box_center=”false” avatar_border=”false” avatar_shadow=”false” avatar_hide=”false” name_position=”under_avatar” balloon_shadow=”true”]

なんだか、色がバラバラなような・・・

[/word_balloon]

ネイビーを上から塗る

 次に、イエロー以外の部分にハードパステルのネイビーをまきます。

 理由は、図6までで色同士が独立していることから、ネイビーを使って色の繋がりをもたせるためです。

ハードパステルのネイビーを上から塗る
図7 ネイビーを上から塗った様子

天の川を描く

 ここから、天の川を描いていきます。

 描き始める前に、天の川の画像を検索して、イメージを持っておきましょう。

ホワイトを塗る

 まず、ソフトパステルのホワイトを、天の川を描きたい箇所に塗ります。

ソフトパスエルのホワイトを塗る
図8 ホワイトを塗る

パープルを塗る

 次に、ソフトパステルのパープルを、適当な位置に塗ります。

※ホワイトは描いた後に指でぼかしています。

ソフトパステルのパープルを塗る
図9 パープルを塗る

イエローやネイビーを塗る

 ここからは基本的に自由でいいです。

 天の川のイメージを基にしながら色をのせていきます。

[word_balloon id=”7″ position=”L” size=”M” balloon=”talk” radius=”true” box_center=”false” avatar_border=”false” avatar_shadow=”false” avatar_hide=”false” name_position=”under_avatar” balloon_shadow=”true”]

色がのらなくなってきたら、フィキサチフで一度固定すると良いです!

[/word_balloon]
ソフトパステルのネイビーやイエローを塗る
図10 ネイビーやイエローを塗る

木を描く

 次に、左の方に木を描きます。

ソフトパステルで木を描く
図11 木を描く

星と蛍を描く

 次に、星と蛍を描きます。

 ここでは、流れ星も描いています。

[word_balloon id=”7″ position=”L” size=”M” balloon=”talk” radius=”true” box_center=”false” avatar_border=”false” avatar_shadow=”false” avatar_hide=”false” name_position=”under_avatar” balloon_shadow=”true”]

 星と蛍を描くときは、ハードパステルをカッターナイフで削りながら紙の上にまいていきます。
 その後、フィキサチフで定着させると良いです。

[/word_balloon]
ソフトパステルで星と蛍を描く
図12 星と蛍を描く
[word_balloon id=”7″ position=”L” size=”M” balloon=”talk” radius=”true” box_center=”false” avatar_border=”false” avatar_shadow=”false” avatar_hide=”false” name_position=”under_avatar” balloon_shadow=”true”]

 なんだか木のバランスが悪い。

[/word_balloon]

※家に描きかえました

 ここで、私は木を家に変えました。笑

 そしてサインを入れています。

家に描き換えた
図13 家に描きかえた様子

完成

 あとはフィキサチフを吹きかけて定着させたら

パステル画『星空と蛍の幻想的な風景』完成です。

【パステルアート】星空と蛍の幻想的な風景の描き方
図14 星空と蛍の幻想的な風景

まとめ

 今回は、パステルを使って、星空と蛍の幻想的な風景を描きました。

 星空はハードパステルをカッターナイフで削りながらまけばよいことが分かりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました