【パステルアート】夕焼けの風景を描いてみた。【パステル画】

パステルアート

こんにちは、はらちゃんです!

今回は、パステルを使って夕焼けの風景を描いてみたいと思います。

パステルで風景画を描くとノスタルジックな感じになって好きです。

用意するもの

ヌーベルカレーパステル

レンブラントソフトパステル

マルマンスケッチブック

では描いていきましょう!

まずは空を描きます。

空と雲の大体のあたりをつけます。

写真1 あたりをつける

そして黄色で雲を大まかに塗ります。

写真2 黄色を塗る

これを描いたら青と黄を濃くします。

ソフトパステルが適していると思います!

写真3 濃くする

濃くしたら、空の下半分ほどをオレンジで塗ります。

まん中は太陽にする予定です。

写真4 オレンジで塗る

そしてそのままオレンジを使って雲も塗ります。

写真5 雲を塗る

雲は様々な大きさや形がありますので、小さな雲を描き足してみました。

写真6 雲を描き足す

夕焼けは太陽光線の内、波長の長い赤外線が影響しますので、赤を使って空を塗ります。

ついでに雲も塗ってしまいましょう。

写真7 赤を塗る

次に陸地を描きます。

紫を使って木々の集まりを描いてみます。

写真8 紫で陸地を描く

次に黒を使って陸地を描きます。

写真8の上から黒を少しだけのせます。

写真9 黒で陸地を描く

あとは下半分です。

ここは水面にする予定です。

オレンジを下半分に塗ります。

ただ、真ん中は太陽光が当たるので、黄色を使いました。

写真10 水面を描く

さらにその上から赤を塗り、木々の影を表現しました。

写真11 水面に赤を塗る

そして太陽光の明るさを表現するために、水面に白を加えました。

夕焼けっぽくなってきたと思います(^^♪

写真12 白を加える

そして河川敷から眺めている感じを表現したいので、手前に草を描きました。

写真13 草を描く

上の方がどこか物足りないので、枝を描きました。

これで眺めている人の背後には木が生えていることを感じさせられると思います。

写真14 木の枝を描く

完成

これで夕暮れの河川敷の完成です!

ちょっとノスタルジック。。

ちなみにこちらの絵は絵画レンタルCasieさんにてレンタルできます!

ぜひご利用ください↓

『夕暮れの河川敷』 by はらちゃん

コメント

タイトルとURLをコピーしました