【パステルアート】オオカミのいる風景の描き方【パステル画】

【パステルアート】オオカミのいる風景 パステルアート
[word_balloon id=”7″ position=”L” size=”M” balloon=”talk” radius=”true” box_center=”false” avatar_border=”false” avatar_shadow=”false” avatar_hide=”false” name_position=”under_avatar” balloon_shadow=”true”]

 そういえば年明け、ウルフムーンが観測されたなあ。。

[/word_balloon]

ということで今回は、パステルを使ってオオカミのいる風景を描いてみます。

使用画材

本作品を描くにあたり、以下の画材を使用しています。

マルマンスケッチブック図案シリーズ

ヌーベルカレーパステル24色

レンブラントソフトパステル

コンテアパリパステルペンシル

ぺんてるペン修正液極細

背景を描く

空を描く

まず、マスキングテープを使って紙の4辺を固定します。

マスキングテープで紙の4辺を固定
図1 マスキングテープで固定した様子

グリーンを塗る

まず、ハードパステルのグリーンを、カッターナイフで削りながら紙の上にまきます。

その後、指で粉末を広げて紙に色が付くようにします。

ハードパステルのグリーンを塗る
図2 グリーンを塗った様子

レッドを塗る

次に、ハードパステルのグリーンを、カッターナイフで削りながら紙の上にまきます。

その後、指で粉末を広げて紙に色が付くようにします。

ハードパステルのレッドを塗る
図3 レッドを塗った様子

イエローを塗る

次に、ハードパステルのイエローを、カッターナイフで削りながら紙の上にまきます。

その後、指で粉末を広げて紙に色が付くようにします。

ハードパステルのイエローを塗る
図4 イエローを塗る

ブルーを塗る

次に、ハードパステルのブルーをカッターナイフで削りながら紙の上にまきます。

その後、指で粉末を広げて紙に色が付くようにします。

ハードパステルのブルーを塗る
図5 ブルーを塗る

ネイビーを塗る

次に、紙の4辺付近にネイビーを塗ります。

ハードパステルのネイビーを、カッターナイフで削りながら紙の上にまきます。

その後、指で粉末を広げて紙に色が付くようにします。

ハードパステルのネイビーを塗る
図6 ネイビーを塗る

ブラックを塗る

次に、先ほどのネイビーの上からブラックを塗ります。

ハードパステルのブラックを、カッターナイフで削りながら紙の上にまきます。

その後、指で粉末を広げて紙に色が付くようにします。

ハードパステルのブラックを塗る
図7 ブラックを塗る
[word_balloon id=”7″ position=”L” size=”M” balloon=”talk” radius=”true” box_center=”false” avatar_border=”false” avatar_shadow=”false” avatar_hide=”false” name_position=”under_avatar” balloon_shadow=”true”]

 ここで、ブラックをぼかしながらネイビーやパープルも足しています。
 これで色が独立しなくなります。

[/word_balloon]

模様を描く

ここから、月が中心に来ると仮定して、好きな模様を描いていきます。

ソフトパステルのホワイトで模様を描く
図8 模様を描いた様子
[word_balloon id=”7″ position=”L” size=”M” balloon=”talk” radius=”true” box_center=”false” avatar_border=”false” avatar_shadow=”false” avatar_hide=”false” name_position=”under_avatar” balloon_shadow=”true”]

 ここで失敗したと思っても、意外と修正が効くので大丈夫です!
 次に進みましょう。

[/word_balloon]
ソフトパステルのグリーンとパープルとイエローで模様を描く
図9 パープル、グリーン、イエローを加えた様子
[word_balloon id=”7″ position=”L” size=”M” balloon=”talk” radius=”true” box_center=”false” avatar_border=”false” avatar_shadow=”false” avatar_hide=”false” name_position=”under_avatar” balloon_shadow=”true”]

 色相環の補色関係等を参考にしながら、バランス良く色をのせます。
 色が強すぎると感じたら、指でぼかすか、上からハードパステルの白を削ってのせると良いです。

[/word_balloon]

月光を描く

次に、ソフトパステルのホワイトを使って、月光を描き加えます。

ソフトパステルのホワイトを使って月光を描く
図10 月光を描いた様子
[word_balloon id=”7″ position=”L” size=”M” balloon=”talk” radius=”true” box_center=”false” avatar_border=”false” avatar_shadow=”false” avatar_hide=”false” name_position=”under_avatar” balloon_shadow=”true”]

 ここで、ホワイトが大分目立ってきたので、ハードパステルのネイビーを使って全体を調整しています。

[/word_balloon]

星を描く

次に、ぺんてるのペン修正液極細を使って、星を描きます。

ペン先を紙に押し付けてペンを押すことで簡単に描くことが出来ます。

ぺんてるのペン修正液を使って星を描く
図11 星を描いた様子

月を描く

次に、厚紙を丸く切り取ったものを使って、月を描きます。

厚紙で月を描く
図12 厚紙で月を描く

次に、ソフトパステルのイエローを丸い部分に塗ります。

ソフトパステルのイエローを塗る
図13 イエローを塗った様子

次に、円周に沿ってホワイトを塗ります。

ソフトパステルのホワイトを塗る
図14 ホワイトを塗った様子

次に、厚紙を外し月の周囲に模様を描き加えます。

ここでも色相環を利用しながらパープルやイエローを使っています。

周囲に模様を描く
図15 月の周囲に模様を描いた様子

オオカミを描く

次に、コンテアパリのパステルペンシルを使って、オオカミを描きます。

コンテアパリもパステルペンシルでオオカミを描く
図16 オオカミを描いた様子
[word_balloon id=”7″ position=”L” size=”M” balloon=”talk” radius=”true” box_center=”false” avatar_border=”false” avatar_shadow=”false” avatar_hide=”false” name_position=”under_avatar” balloon_shadow=”true”]

 色がのらないときは、一度フィキサチフを吹きかけて固定すると良いです。

[/word_balloon]

大まかな形が出来たら塗りつぶします。

ここで、オオカミが浮いている状態なので足場を描きます。

足場を描く
図17 足場を描いた様子

流れ星を描く

最後に、流れ星をいくつか追加し、ハードパステルのホワイトを散りばめます。

流れ星とハードパステルのホワイトをちりばめる
図18 流れ星とホワイトを追加した様子

完成

パステルアート『オオカミのいる風景』完成です!

【パステルアート】オオカミのいる風景
図19 オオカミのいる風景

まとめ

今回は、パステルを使ってオオカミのいる風景を描いてみました。

星を描くときには修正ペン、オオカミを描くときにはパステルペンシルを使ったところ、

色がはっきりしたり細かい部分を描きやすかったりしました。

是非オオカミのいる風景を描いてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました