【パステルアート】パステルを使って簡単に波打ち際を描く方法【自粛中の過ごし方】

【パステルアート】パステルを使った簡単な波の描き方【自粛中の過ごし方】 パステルアート

今回は、パステルを使って波打ち際を描いてみます。

使用画材

・ソフトパステル

・ハードパステル

・綿棒

では描いていきましょう

まずは適当な画用紙を、マスキングテープで机に固定しましょう。

机の上に固定
図1 机の上に固定

固定出来たら、ハードパステルの茶っぽい色で砂浜を描いていきます。

茶色で砂浜を描く
図2 砂浜

次に、綿棒を使って波を描いていきます。

あらかじめハードパステルの茶色をパレットなどに削っておきます。

そして綿棒に粉末を付け、トントンとはんこを打つように紙に色を付けていきます。

綿棒で波を描く
図3 波を描く

これを続けて・・・

綿棒で波を描く
図4 波を描く(続き)
図5 波を描く(続き)
[word_balloon id=”unset” src=”https://harachanblog.com/wp-content/uploads/2020/01/S__110346242-e1579618853337.jpg” size=”M” position=”L” radius=”true” name=”” balloon=”talk” balloon_shadow=”true”]

 描きたい波の形にアレンジするのもアリです!

[/word_balloon]

ここまできたら、奥の方を青で塗っていきます。

海は奥に行くほど深いので、色が濃くなります。

奥の海を描く
図6 奥の海を描く

これを徐々に濃くします。

そして、波の下には影が出来るので、それも描き始めます。

奥の海を描く
図7 徐々に濃く
波の影を描く
図8 波の影を描く

そして最後に、波しぶきを描いていきます。

ソフトパステルの白で十分に描けるかと思います。

また、修正液で描くのもありですね。

波しぶきを描く
図9 波しぶきを描く

完成

最後に気になるところを修正したり描き足したりしたら完成です。

【パステルアート】パステルを使った簡単な波の描き方【自粛中の過ごし方】
図10 完成

お疲れさまでした。

みなさんも是非描いてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました